BIOGRPHY

三代 徳田八十吉(正彦)

1933年
石川県小松市に生まれる

1953年
初代八十吉より九谷焼上絵釉薬を学び、父・二代八十吉のもとで現代陶芸を習得

1967年
古九谷、吉田屋、粟生屋などの作品を展示した、古九谷古陶磁展を企画した経験を契機として古九谷の研究し、青手古九谷の持つ釉薬の美しさを現代に生かす工夫を重ねる

1971年
第18回日本伝統工芸展初出品作「彩釉鉢」で優秀賞、NHK会長賞受賞

1977年
第24回日本伝統工芸展出品作「燿彩鉢」で最優秀賞、日本工芸会総裁賞受賞

1988年
三代八十吉を襲名

1990年
90年国際陶芸展『グランプリ』受賞

1991年
第11回日本陶芸展推薦出品作「創生」でグランプリ秩父宮賜杯賞受賞、外務大臣表彰

1993年
紫綬褒章受章

1997年
第10回MOA岡田賞大賞受賞
重要無形文化財彩釉保持者(人間国宝)に認定

1998年
「燿彩線文壷」米国メトロポリタン美術館に収蔵

2003年
東京、石川にて古稀記念耀彩展開催

2009年
8月26日75歳で逝去

古美術 佳香 SQUARE ART GALLERY