BIOGRPHY

近藤悠三

近藤 悠三は京都市清水寺下出身の陶芸家。染付の悠三と言われる。
1977年に人間国宝に認定され染付の悠三で知られる。悠三の祖父は清水寺の寺侍であった。
陶芸家・近藤豊(1932年 – 1983年)は長男、陶芸家・近藤濶(ひろし)は次男、陶芸家・美術家の近藤高弘は孫にあたる。

1914年  京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤科に入所

1917年  同伝習所卒業後、同試験場で助手として勤務する。
当時、河井寛次郎と濱田庄司が技手として陶磁を研究しており、悠三は濱田から窯業科学などを学んだ。

1921年  陶磁器試験場を辞め、イギリスから帰国して大和に窯を構えた富本憲吉に師事。
素地や釉薬などの技法だけでなく制作に対する心構えについても指導を受ける。

1924年 京都に戻った後、関西美術院洋画研究所でデッサンや洋画の研究をする傍ら清水新道石段下に窯を構え制作を始める。

1928年 第9回帝展で初入選を果たし以後13回連続で入選する

1955年  日本工芸会所属

1956年 「山水染付壺」が第3回日本伝統工芸展で日本伝統工芸会賞を受賞。

1953年 京都市立美術大学(現:京都市立芸術大学)陶磁器科助教授

1956年 同大学教授

1965年 同学長に就任

1970年 紫綬褒章受章

1973年 勲三等瑞宝章、京都市文化功労者章を受章

1977年 重要無形文化財「染付」の保持者(人間国宝)に認定された

1980年 紺綬褒章受章。

1985年 逝去
「自分はし残したことがあるので、生まれ変わっても陶芸家として生まれてくる」と生前語っていた。

古美術 佳香 SQUARE ART GALLERY