BIOGRPHY

山本陶秀

1906年に岡山県に生まれる。大正11年、若干15歳から陶技を習い京都の楠部弥弌に師事、昭和8年窯を築いて独立。
30年花入れが日本伝統工芸展に初入選、以来連続入選。翌年、岡山県重要無形文化財に認定、62年には人間国宝に選ばれた。

明治39年(1906年) 岡山県和気郡伊部町(現備前市伊部)に生まれる

大正10年(1921年) 陶芸をはじめる

昭和8年(1933年) 作家として独立

昭和13年(1938年) 楠部彌弌に師事する

昭和23年(1948年) 商工省の工芸技術保存資格者(丸技)となる。

昭和34年(1959年) 岡山県重要無形文化財保持者認定。ブリュッセル万国博覧会のグランプリ金賞受賞。

昭和45年(1970年) 日本工芸会理事。

昭和51年(1976年) 備前市功労賞受賞、紫綬褒章受章。

昭和54年(1979年) 伊勢神宮へ「流れ胡麻三方花入」献納

昭和55年(1980年) スペイン国王フアン・カルロス1世とソフィア王妃へ「花瓶」献上

昭和56年(1981年) 皇室へ「流れ胡麻丸花瓶」献上。

昭和57年(1982年) 勲四等瑞宝章受章。

昭和62年(1987年)4月20日 国の重要無形文化財「備前焼」保持者(人間国宝)に認定。

平成3年(1991年) 備前市名誉市民。

平成6年(1994年) 歿。勲四等旭日小綬章追贈。

古美術 佳香 SQUARE ART GALLERY