BIOGRPHY

小野珀子

釉裏金彩の第一人者として知られている作家。
小野琥山の長女として生まれ、父が運営する琥山製陶所で陶芸を学ぶ。
加藤土師萌先生の釉裏金彩を見て衝撃を受け、その研究に取り組む。
はじめは金箔がめくれるなど失敗が続きましたが、徐々に確かな技術を身につけ日本工芸会西部支部展で入選を果たす。
以降、国内の公募展で受賞を重ね、海外の美術館にも作品を納める。

釉裏金彩は、素地に厚い金箔を貼り低火度の釉薬を掛けて焼上げる。
素焼きから数えて六回焼くことで金箔が落ち着いた味わいになる。
それはとても繊細な工程であり幽玄に光る日本独自の技法でである。
平成4年佐賀県指定重要無形文化財「陶芸釉裏金彩」の技術保持者に指定される。
平成8年嬉野町にて逝去。

1964年 現代国際陶芸展での加藤土師萌の釉裏金彩作品を見て感激し、自身も釉裏金彩の研究を始める

1970年 九州山口陶磁展で第一席、日本工芸会西部工芸展朝日銅賞、九州毎日陶芸展準大賞

1971年 日本工芸会西部工芸展朝日金賞、佐賀県展第一席

1973年 日本陶芸展第一部優秀作品賞など受賞

1981年 女性陶芸家としては2人目となる日本陶磁協会賞を受賞

1970年 日本伝統工芸展初入選以来同展に入選を重ねている(日本工芸会正会員)

1992年 佐賀県指定無形文化財の認定

1996年 5月29日 没