BIOGRPHY

井上萬ニ

昭和4年有田町生まれ。
14代酒井田柿右衛門、奥川忠右衛門らに師事し白磁制作の技法を習得した。
昭和33年から県立有田窯業試験場に勤務しながら磁器の成形、釉薬(ゆうやく)の研究を重ね、伝統的な白磁制作技法を極めた。
「現代の名工」労働大臣表彰、日本伝統工芸展で文部大臣賞などを受賞。平成7年には重要無形文化財「白磁」保持者に認定される。

1929年 佐賀県有田町生まれ

1958年 佐賀県展入選入賞、知事賞、美術協会賞、その他受賞、県選抜展2回出品

1963年 一水会陶芸部連続入選、一水会賞、会員優賞

1967年 九州山口陶磁展 文部大臣奨励賞2回

1979年 労働大臣表彰 現代の名工として

1986年 佐賀県芸術文化功労賞

1987年 日本伝統工芸展文部大臣賞受賞

1993年 佐賀県県政功労賞

1968年 日本伝統工芸展入選 日本工芸会正会員

1995年 重要無形文化財指定(人間国宝)

1997年 紫綬褒章受章

2002年 西日本文化賞受賞

2003年 旭日中綬章受章